Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.
Home > 適材適所が不可能になった職場環境

適材適所が不可能になった職場環境

職場での精神疾患が増え続けています。その原因の一つには、「適材適所が不可能になった職場環境」が挙げられます。

人によって能力は違います。また、仕事に求める要望も違っています。本人の能力や要望に沿わない部署に人事異動で配属されたことによって、無理をしてしまい、結果的には自分を追い込んで精神疾患となってしまうという現状となってきているのです。

精神的に一杯になってしまうことで、うつ病を発症させてしまうこともあります。これによって欠勤が多くなったり、ひどい場合には休職となってしまったりすることもあるため、会社側としても困るはずです。一人でも戦力となる人材が居なくなってしまっては、人員不足で会社も機能しなくなってしまいます。

このような現状を打破するためには、各人の能力や要望を会社側がしっかり把握することが大切です。また、精神疾患にならないように、定期的にカウンセリングを行ったり、休暇を設けたりすることも大事です。