Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.
Home > IT化の進展

IT化の進展

IT化が急激に進んだことが精神疾患の増加の原因のひとつと言われるのは、次のような理由からです。

人間の脳の構造は長い間進化していないのに対して、IT化の進展は急激に進んでいます。これにより、脳に処理が要求される情報の量が急激に膨大化したため脳の処理が追いつかないという状況が生まれています。

IT化の波は特定の職業だけではなく一般の企業や学校、それに家庭にも押し寄せています。社会全体において処理すべき情報が膨大になっているということです。一方体の動きは生活が便利になることによって激減しているというアンバランスが発生しています。

こうした状況の中で脳の情報処理能力はパンクの寸前に追い込まれているにもかかわらず、就職難や転職難、昇給の可能意が希薄であることなど職場環境を見ると働く人の意欲をそぐような条件がそろってしまっています。

このような職場環境の中で心身ともに疲労が限界に達して「うつ病」をはじめとした精神疾患を発症する人が増加しているのです。