Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.
Home > 主な治療内容

主な治療内容

ストレスケア病棟での主な治療内容として、薬物療法、環境療法、精神療法などが挙げられます。精神病治療の主流は薬物療法ですので、この投薬計画が治療の柱となります。

そして朝起きて夜きちんと寝るというような体のリズム作りをすることにより、体をゆったり休めて本来の患者さんの生きる力を取り戻すことができます。もちろん専門家によるカウンセリング治療も受けられます。

不安に思っていることや苦しいと感じていることを伝え、一緒に改善方法を考えてもらえる利点も見逃せません。

そして患者さんと一緒に生活している家族の方に、病気の説明もしてもらえます。心の病気は専門的に学んだことがないと理解されにくい上、誤解が生じやすいものです。その点専門スタッフからの説明があれば、余計なストレスを家族内で抱え込むことも少なくなるでしょう。

さらに入院中は様子を見ながらリハビリテーション訓練も受けられます。同じ悩みを抱えた患者さん同士で対人関係の練習をし、高いストレス耐性を身に付けることができます。