Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.
Home

精神科のニーズはなぜ増え続けるのか

需要が高まるストレスケア病棟精神病は心の風邪というフレーズの元、以前よりも精神科の敷居が低くなりました。時代の変化とともに人々の社会に対する対応力も限界がでてくる場合があります。

特に新型鬱という従来の鬱では説明できないタイプの鬱が流行っています。この病は若い世代に多く発症しているのが特徴ですから、社会に出て間もない若者が現代の日本社会に対応しきれない何かが潜んでいるのかもしれません。

そして自分が病に陥っていると気づかないケースも少なくありません。精神科が他の科と最も大きく違う点は、病に対する自覚がなくとも周囲の人がおかいしと感じたら受診しても構わないのです。その際、通院すべきかどうかの判断基準は、日常生活に支障があるかどうかです。

たとえば強迫性障害など何かに対する思い込みが強すぎて日常生活が送れず、困っているとします。その際は単なる性格や個性で済ませてしまうと救いがないまま苦しむことになりますので、精神科の門を叩いてみましょう。